スポンサーリンク

子供の手づかみはいつまで続く?スプーンやフォークの始め方

子育て

育児中のママで手づかみにも慣れていざスプーンやフォークを始めたいけど上手くいかなくて悩んでいるママもいます。

私も子供にスプーンやフォークを教えるのが大変な一人でした。

この記事では手づかみ食べがいつまで行うのかを知る事によりスプーンやフォークの始め方が分かるようになるでしょう。

今回はスプーンやフォークの始め方を紹介します。


手づかみはいつまで続く?

手づかみ食べは9カ月頃から始まります。

この時期になると歯茎で食べ物によってつぶせるようになってくるでしょう。

手づかみ食べ自体は成長過程で大事になってきてきます。

手でつかんだ食べ物を口まで運んで食べることを覚え食べ物のかたさや温度を知りつかむ力を加減するなど学ぶ事もたくさんあるんです。

自分で食べたい意欲が出てきた成長の一つになります。

いつまでするの?

子どもの発達には個人差がありますので手づかみ食べはいつまでに卒業という目安は特にないんです。

しかし他の子が上手く使えていると比べてしまったりしますよね。

外食中手づかみで食べたりする子供を見て同じくらいの子がスプーンやフォークを使っていると気になってしまったりする。

しかし現在では無理に手づかみ食べをやめさせなくても良いという考え方の方が主流となっています。

3歳頃までは手づかみと並行しながら少しずつ切り替えていけばOKと言われているのです。

なので個人差が出ると思ってもらって大丈夫でしょう。

スプーンやフォークの始め方

手づかみにも慣れてきていよいよスプーン練習をまず始めます。

まずはこれまで通り大人がスプーンで食べさせてあげる。

そのあとで自分でもやってみようか?と食べ物をのせてあげて手渡してみましょう。

その際に大人は手を添えてあげたりするといいです。

大人が食べているところを見せてあげるのも大事になってきます。

練習のポイント

まず最初は大体の子供がスプーンを持っても遊ぶだけだったりします。

これは皆さん通る道なので焦る事はないです。

最初は使うスプーンに興味を持つことが大事なので食事を食べる道具という事を教えていくのが大事。

1食だけでもいい

まずは一食つまりこの時間だけは練習する時間と決めて練習するのでも大丈夫です。

全部急にスプーンにしても中々できないでしょう。

手づかみで食べさせてもらう方が当然楽なのは子供にも分かります。

できなくても叱らない

こぼしてしまったり手づかみに戻ったりしても叱らない

あまり叱ってしまうと今度は食事の時間が嫌になります

それでは子供もママも嫌になりますよね。

なのでスプーンが使えたら沢山褒めてあげてください

道具は使い分ける

スプーンですくう事はテクニックが必要です。

始めは上手にできないので練習をする必要があります

フォークはさしたり麺類をひっかけたりしますよね。

なのでスプーンと一緒に用意しておきメニューによって使い分けて練習するといいです。

スプーンやフォークも手づかみと同様に手の動きの発達を促すことにもなります。

練習の注意点

時間はかかる

スプーンやフォークを使う動作は子供からすると難しいのです。

なのでママは辛抱強く付き合ってあげてください

上手に対応して日々練習を積み重ねましょう

目を離さない

フォークは目を離したら危ないのはすぐ分かりますがスプーンであっても事故はおこります。

持たせたら目や喉をつかないように気をつけて見守る事が大事です。

使いやすい道具を使う

専用の物を使っているのに中々上手にならないと思ったら道具を変えてみましょう

食事の際の道具は沢山販売されているのでその子に合うものを使うといいです。

その子に合う道具を使う事により子供のストレスもなくなります

まとめ

道具を使って上手に食べられるようになるまで時間がかかったりしても温かく見守れたらいいですね。

経験成長につながっていると気持ちを切り替える。

いつかはできるようになると気長に見守りましょう。

個人差を認めて焦らないことが大切です。

子育て
スポンサーリンク
Rei mama life blog
タイトルとURLをコピーしました