スポンサーリンク

【双子早産】出産の前日~出産日のまとめ

妊娠出産

前日から変化

出産の前日から少しおかしかったです。

前日の夜からお腹が張ってる感覚は多少あるものの、かなり張ってる感じでもないのに

NSTをつけると数値では張っている。その日の遅くに呼吸がしにくく酸素の数値を測ってもらい

ですが多少呼吸が乱れていましたが数値的には悪い数値ではなかったです。

でもなにかあるといけないのナースステーションの隣の個室でその日は休むことになりました。

緊急カイザー当日

そして次の日回診後に主治医が来てくれてNSTを行っていたのですがやはり数値的に張っている=お産が早まっている(下に降りてきている)と言われました。

なのでその後主治医に呼ばれ診察してみると、赤ちゃんが大分降りてきてて子宮口も例えると細い1本線で繋がってて、そこで赤ちゃんを支えているのでいつ切れてもおかしくない状態と言われました。

なのでおそらく今日1日はおそらく持たないとの事、条件的にとりあえず34週は越えてたので母体と赤ちゃんの事を考えてみても今日カイザーをしますとの事で決まりました。

とりあえず説明をしたいのでと準備と同意書サインと家族を呼んでほしいと言われました。

そしてカイザー行うに説明と準備を同じく進めていきました。

しかし問題が、、腕に刺した針が折れちゃいましてここにきて大出血!!!正直大丈夫か説明より気になってしまいました。それと同時に不安が。。

そして、旦那は間に合わずで実母はギリギリ間に合いました。

少し話していると、あれ?なんかお腹が変と思ったら破水&陣痛も来ちゃいました。ここでもう一度焦りました。そして少し痛かったです。

そして手術室ついていざ麻酔を入れてもらってるけど、全然うまく麻酔がきまらず、しかも何回も行いそれでもうまくいかず、そしたら麻酔科の大物的な人が入れてくれると一発でした。

そして手術が始まると逆に麻酔が効きすぎて上半身位まで効いてました。ですが手術はやはり切られている時は何となく切られてる感覚はありました。だけど周りの先生方が声をかけ続けてくれて安心しました。

双子にはじめまして

そうしていると長男が泣いて出てきて、のちに次男も泣いてくれて出てきてくれました。

そして安心して赤ちゃんを見て可愛くて泣き、抱っこしてホッとして泣きました。

そしてその後赤ちゃん達は小さめだったので先に運ばれました。

出血量はどうも多い方だったらしいです。

長男は1980グラム、次男は1460グラムでした。

2人ともNICUで管理になりましたが、元気でまず良かったです。

次の日はお腹を抱え歩く練習をしました。その次の日にはNICUまで車いすと歩きで行けました。ここから入院中は頻繁にNICUに毎日行ってました。

看護師さんたちが様子の様子は随時教えてくれて、メッセージカードを頂いたりしました。

そのうち旦那は面会できるようになり可愛い~ってずっと言ってました。

黄疸も出てたりしたので、治療している時や沢山のチューブに繋がれてるときはさすがに自分を責めました。看護師さん達や先生は沢山フォローはしてくれましたが。

そして入院中から早速搾乳の練習も行い頑張りましたが中々最初はうまく取れなくて泣きそうになりました。悪露も割と出てたのでそれも辛かったです。

でも我が子はとってもとっても可愛かったです。

妊娠出産
スポンサーリンク
Rei mama life blog
タイトルとURLをコピーしました