スポンサーリンク

あれ?おかしい?双子だから気づいた

子供

双子が5カ月の時に弟に病気が見つかりました。おかしいと思ったのは双子のもう一人が男の子だからでした。

もう一人が男の子じゃなかったら気づかなかったかも・・・

生後双子5カ月

本当に気づいたのは、オムツ替えしている時に双子の兄と見比べて形が左右平等ではなくて、最初に気づいたときに違和感を感じたのが最初でした。

そして日により左右差が違うように感じて、旦那も言われておかしいなと感じたそうです。

病院に行かなくてはいけないように感じて旦那がいる日にまずはかかりつけに受診しました。

そしてそこで先生にも言われてみればおかしい事を指摘され、その足で大きい病院というか産院の小児科に受診しました。

受診した結果

受診しました。そうするとやはりその原因が判明しました。

その結果・・・鼠径ヘルニア脱腸している状態なのが判明しました。

それもまあまああまり良くはない状態でしたが、すぐに手術まではしなくてもいい事が分かりとりあえず毎月受診して時期を見て手術することになりました。

でもいつ腸が出ている状態なので捻じれたりする場合もあるのでその場合はすぐ分かるらしく病院に連絡して救急車を呼ぶようにと言われました。

手術を行いました

時期を見てなのでとりあえず予防接種をある程度終わらせて手術することになり、11ヶ月の時に手術しました。

手術はコロナの影響もあったので付き添いはママ一人で手術当日に入院してその日に手術でした。

なので前日に手術前検査をしました。そして当日は検査は少なめでした。

そして手術は手術室まで一緒に行きそこで先生にお願いしました。

無事成功

手術は3時間ほどと聞いてましたが4時間かかりました。なので中々帰ってくるまで長く感じました。

そして手術は無事終わり戻ってきて安心しました。弟君は眠って帰ってきました。

先生の説明では思っていたより酷かったみたいで他の所も手術時に触ったので時間がかかったそうで、そういう面でも発見できて良かったと思います。そしてもうこれで大丈夫と聞き安心しました。

そしてその日は入院して次の日に退院しました。

日常に戻り

それからは2カ月は様子見で受診だったので受診しましたが無事に何もなく結果的に手術をして良かったです。

そして発見が早くて良かったです。もし気づいてなくて過ごしていたらと思うと今は怖いです。

でもやはり兄がいなければ気づいていたのかと思います。私は女なので余計気づきにくいし子供も泣くわけでもないので気づきにくいと思います。

なので男の子のママさんにはこういう事もあるよと言う意味でも知っていてほしいと思い載せました。

そして鼠径ヘルニアは年齢関係なく出てくる病気なので気づきにくく酷い状態で気づく事も多いそうです。そして手術数も結構多いみたいで割と鼠径ヘルニアの手術自体は毎日くらい予約入っていて取りにくいそうです。

子供
スポンサーリンク
Rei mama life blog
タイトルとURLをコピーしました